マンションを買い替えたいけれど持ち家が売れない場合

マンション買い替え 売れない マンション 売れない

マンション買い替え 売れない

マンションを買い替えたいけれど持ち家が売れない場合

マンションの買い替えを考えた時に不安になるのが持ち家が売れない場合、どうしたらいいのかということでしょう。

特に持ち家の売却費用を新しいマンションの購入資金にあてようとローンを組みなおした場合、いつまでも持ち家が売れないと二重のローンを支払うことになり大きな負担がかかってしまいかねません。

そうしたリスクを減らすためにも、まず買い替え特約を付けておくことが重要です。

これは購入を検討しているマンションと契約する際、売却予定の持ち家が期日までに売却できなかった場合に契約を解除できるというもので
す。

この特約を事前に付けておくことで、希望物件を確実に押さえておくことができますし、万一、売れなかった時のリスクを軽減することができるのです。

ただこの場合、最終的に希望物件が手に入らなくなってしまうこともありますので、それを避けたい場合は不動産会社に持ち家を買い取ってもらうという方法もあります。

メリットは、売買契約までのスピードが速いため、すぐにまとまったお金を手にすることが出来るという点です。

きちんと事前に査定見積もりを出してもらうことで大きな損をせずに次のステップへ踏み出せるはずです。

マンション買い替えで失敗しないための5つのポイント

マンション買い替えで失敗しないためには、まず売却予定の物件の資産価値を知ることです。

マンション買い替え 売れない

事前にどのくらいで売却できるのか専門家に査定見積もりを出してもらうとよいでしょう。売却価格が分かっていれば、新しい物件を購入する際に損を出しにくくなります。

次のポイントは、先に新しい物件を購入しておく先行購入か、先に所有物件を売却してから、新しい物件を購入するのかを決めることです。

どちらの方法もメリットデメリットがありますので、しっかりと検討することがポイントです。

また先行購入の場合は、万一、所有物件を売却できなかった場合を考えて、期日前に売却が出来なかった場合に契約を解除できる旨の特約を付けておくこともポイントとなります。

4つ目は買い替えローンを利用するのかどうかを考えておくことです。

ローンを利用する場合、購入と売却が同時に行われる必要がありますので、この手続きがスムーズに行われるように準備しておかなければいけません。

最後のポイントは焦らないことです。

マンション買い替えは大きな額が動く取引ですから、焦ってしまうと失敗の元です。じっくりと取り組んでいくことが後悔しない取引を行うためにも重要なのです。